松本音楽村2021 レッスン(10/30)【あがたの森文化会館】/コンサート(10/31)【松本城二の丸御殿跡】

納浩一【ベース】

HOME | 出演者のご紹介 | 納浩一

納浩一 プロフィール

納浩一/ベース
 【レッスン10/30】
【コンサート10/31】

1960年10月24日、大阪生まれ。京都大学卒業後バークリー音楽大学に留学。
'85、'86年度のバークリー・エディ・ゴメス・アウォード受賞。
'87年に同大学作曲編曲科を卒業。
帰国後は都内のライブハウスやスタジオセッションを中心に活動。
'96年〜'08年、渡辺貞夫グループのレギュラー・ベーシストとして、全国ライ ブハウスや、モントルージャズフェティバルを初めとする、海外ジャズフェスティバルなどに多数に出演した。
'01 年より、大坂昌彦、小池修、青柳誠の3人とともに作ったユニット「EQ」で、8枚のアルバムのリリースし、2004年度の東京ジャズなど数多くのライブ   活動を積極的に展開している。
'97年7月、初リーダーアルバム“三色の虹”を、'99年3月には布川俊樹との共同アルバム“DuoRama”をリリース。
'06年1月、リーダー作“琴線/ The Chord“をリリース。
‘09年3月、布川俊樹との 共同アルバム第2作目“DuoRama 2”をリリース。
‘15年7月、布川俊樹との 共同アルバム第3作目“DuoRama Standards”をリリース。教則DVDは、「すぐ弾けるジャズ・ベース」「ジャズベース・スタンダード」(リットーミュージック)、「ウォーキング・ベース自由自在」「ウッド・ベースの嗜み」(アトス・インターナショナル)の4タイトルを制作。
またジャズスタンダード曲集「ジャズスタンダード・バイブル1・2」「ジャズスタンダード・バイブル・フォー・ボーカル」やソロ集「ジャズスタンダード・バイブル for ADLIB」、ジャズの理論書「ジャズ・スタンダード・セオリー」をリットーミュージックより出版し、好評を博している。

レッスンプログラム

納浩一ベース講座

対象:初級~上級

内容

〜長く課題として意識していけるお宝練習法を身につけよう〜

楽器の奏法から、ラインの作り方、ベースで実際に理論の実践させるノウハウ、イヤートレーニングの方法等々、独学ではなかなか知り得ない、あるいは気がつかないような、でもアドバンストな演奏には欠かせないような内容に踏み込みたいと思います。

もちろん、それほど演奏経験のないという方には、そのレベルに応じて、各自が今まさに学びたい・自分に足りないと思うような内容に合わせてのレッスン方式をとっていきます。

短期間ではありますが、それぞれのプレーヤーにとってより多きな効果が出るよう、そして講座後は長く練習の課題として意識していけるような、そんなベースの練習法をお伝えできればと思います。

 
詳細

1)右手の基本的な形と運指法

2)2フィンガーにおける注意点と、音符の粒立ちを出すための左手のポイント

3)ベーシストのためのイヤートレーニング

4)如何にして理論をベースの指板上に反映させるか

5)ウォーキングラインのアイデア

6)ベースパターンのアイデア 

7)リズムのトレーニング法

8)グルーブとは? どうすればグルーブする?

9)ベースソロが上手くなるためには。

10)アンサンブルにおいて意識すること

等々

  
日程

2021年10月30日(土)

時間

12時~14時

料金

【一般】6,000円(税込)

【学割】3,000円(税込)

※小・中・高・大学生および専門学生対象。(小学生は保護者同伴でのご参加お願い申し上げます。)

※学割をご希望の方は学生証などのご提示をお願いする場合がございます。

※講師のプログラムの内容と対象(初級~上級)をご確認の上お申し込みください。

場所

あがたの森文化会館 各教室(詳細は会場案内を参照してください)

参加人数の上限

レッスン参加人数の上限(定員24名)


納浩一先生【ベース】のレッスンに申込む納浩一先生【ベース】のレッスンに申込む